楽なバイトとは何か
楽して稼げるなら本望

私が思う楽なバイト

三歳の息子を保育園に預けて、昼間のパートに出ることを考えていました。しかし保育園には空きがなく、一時預かりもいっぱいなので昼間の仕事に出るのは難しい状態でした。今すぐにでも仕事をしなくてはいけないというわけではないのですが、私が持つ海外一周旅行の夢を果たすための資金が必要でした。なので、お金を貯めるためにはすぐにでも仕事をしたかったのです。といっても正社員は無理だし、アルバイトになります。
まずは昼間のバイトを探してみましたが、なかなか思う求人が見当たりませんでした。昼間が駄目なら夜間のバイトはないかと探していたところ、自宅のかなり近くで時間的にも翌日にあまり響かないバイトがありました。仕事内容も、私にとっては楽なものでした。惣菜を配送店舗ごとにわけていくという、正直誰にでもできる仕事なので、覚えるのも簡単。まずはこの点が楽でしたし、それに、時間いっぱいはフルに体を動かして仕事をすることができます。その点も私にとっては楽だと思うポイントです。作業中は周りの従業員と話をする必要がないところも気に入っています。集中して作業をしていると、ふと気づけば終わりの時間が来るのです。面倒な周りのスタッフとのやり取りや気をつかったりすることもないし、暇すぎることもありません。この会社へアルバイトに来ている人はほとんどの人が長期にわたって勤務を続けているようで、やはり居心地がいい職場なのだと思います。夜中に働かなくてはいけないのですが、続けていきたいと思える私に合った仕事です。